レディ

ウェブサイトを利用すれば更に得できる|グルメポイントとは

ふるさと納税の方法

畑

ふるさと納税の申し込み方はとても簡単です。好きな自治体を選んで申し込みし、入金するだけなので気軽に利用できます。後日確定申告を行わないと節税できないので、年末調整が終わったらすぐに確定申告することをおすすめします。

ふるさと納税のタイミング

女の人

基本的にふるさと納税は年中受け付けていて、毎年12月31日が締め切りとなります。しかし、早く受付を終了する自治体もあるので、納付は早めに行いましょう。特に銀行振り込みや郵便振替には数日かかるので、注意が必要です。

サイトの選び方

肉

現在ふるさと納税を扱っているウェブサイトは、10個ほど存在します。それぞれに特徴があるので比較してみましょう。大きいサイトでは1700以上のすべての自治体と契約しています。ですが、その他のサイトは自治体数は100以下です。すでに寄付する自治体が決まっているのであれば、掲載自治体数は関係ありませんが、まだ寄付する自治体が決まっていないのであれば、情報量の多いサイトを選びましょう。
殆どのサイトがスマートフォンからでも利用できますが、一部スマートフォンからアクセスできないサイトもあるので注意が必要です。ふるさと納税に申し込む場合は、自治体のお金の使い道やグルメや家電など返礼品の詳しい内容など確認しておくべき情報がたくさんあるので、スマートフォンよりもパソコンから見る方が快適でしょう。クレジットカード決済はサイトよりも自治体の都合によるので、わからなければサイトか自治体に直接確認して下さい。同じ自治体でも、サイトによって特典内容が違う場合もあります。申し込みから返礼品が家に届くまで一、二週間というスピーディーに対応してくれるサイトもあるので、よく見比べて決めましょう。毎年同じサイトを利用するのであれば、ポイント制のあるサイトがおすすめです。自治体から贈られる返礼品の他に、サイトからも特典をもらえることになるので、ポイント制のサイトを利用すれば一層お得です。ポイントにもグルメに特化したものや家電に特化したものなど様々なので好みの商品がもらえるポイントを集めましょう。
どのサイトを選んでも、自治体次第です。グルメや家電などの人気返礼品が品薄になれば、年末を待たずに受付が終了してしまうので、早めに申し込みましょう。

ふるさと納税の特典

田舎

付きな自治体を選んで寄附を行えるふるさと納税には、所得税や住民税の控除や、返礼品をもらえるなどのメリットがたくさんあります。ふるさと納税を活用して地域貢献に役立てましょう。